北海道の食品産業廃棄物の現状

  • 道内の年間の産業廃棄物は、約42,000トンと言われ、その内約2,000トンが、食品製造業及びコンビニエンスストアー等からの排出と言われています。
    豊かで、便利な暮らしを手に入れた一方で、埋め立てや焼却処分等で環境に対して大きな負荷を与えてきたことも事実です。
    リサイクルが呼ばれる中、食品業界の現状は、現実とのギャップがまだまだにんしきされていないのが現状です。

  • 食品残さの飼料化

  • 当社が飼料化を選択する理由の一つは「もったいない」です。
    高栄価値を含んだ食品残さは、分別・再利用することで、高品質の乾燥飼料に生まれ変わります。
    飼料の主原料であるトウモロコシ等のほとんどを輸入に頼っている我が国は、バイオ燃料普及の加速化により、トウモロコシや大豆、小麦等の飼料原料が不足しています。
    この傾向は、今後益々顕著になってきます。
    それに対し寄与できるのが、食品残さの資料化です。

  • 食品リサイクル循環型社会を目指して

  • 当社は、食品関連事業者より今まで産業廃棄物として廃棄されていた食品残さを回収し、これらを飼料原料として再生する食品リサイクル企業です。
    従来の廃棄物かの中から、再生利用可能な物を再生資源として有効利用し、食品リサイクル循環型社会の構築を目指しております。